MENU

CLOSE

search

株式会社MONOCO

書き手:代表取締役社長 柿山 丈博


6/26(水)に、Design Tokyo という展示会に行ってみた。


会場は東京ビッグサイト。いつも通り国際展示場駅から歩いて、着いたら、なんと Design Tokyo は別会場。シャトルバスが出ている。おそらく出展社数が増えたのだろう。


予想が当たった。会場には、Design Tokyo だけじゃなくて、インテリア雑貨EXPOとかもある。別会場だけで304ブースある。つまりこの半年で最低でも304社から、304以上のブランドが生まれ、それ以上の新商品が生み出されたということだ。


ブースを回りながら、いつも感じてることを思う。


なぜ、この広い会場のブースがいつもこんなに埋まるのか。世の中 AR、AR と言ってるけど、モノはなくならない。物理的なモノはなくならない。なぜなら、人間はモノを作って表現したいのだから。


モノ作りは、自己表現。考えていることが直にモノに出る。頭の中にあるメッセージがそのまま。煮えきってないものも、何年もかかって磨き上げたものも。メッセージがないものは、覚えられる特徴がそもそもモノに表現されていないので、おそらくブランドにはなりにくい。


ブランドは、新商品を発表したい、新規取引先を開拓したいから、展示会に出展する。展示会の運営会社もブースを売りたいわけだから、営業を頑張る。結果的に、ブースが増える。1バイヤーが全ブースを歩いて、メーカー担当者全員に作った想いを聞くのは不可能な状態になる。


一方で、この展示会に参加する個人のお客様はいない。参加しているのは、小売店のバイヤーかメディアが大半。ブランドは、本当は個人に伝えたいのに、必ず仲介が入る...


>> 続きを読む(NOTE / 柿山丈博 MONOCO CEO)

社長コラムの新着記事

NEW

メールマガジン登録

MAIL MAGAZINE